利用事例

ビジまどをご利用された事業者の一例をご紹介します。

・集客・飲食業

周年祭イベントの開催を提案し、売上拡大&SNSフォロワー数倍増!!

《創彩洋食Lu pan(ルパン) 様》

 

───事業を始めたきっかけ

相談者の店舗はオーナーとシェフの共同経営です。オーナーは飲食業以外の事業を営んでいましたが、長年飲食店の営業に憧れを抱いていました。シェフは洋食歴35年のベテランで、ホテルをはじめ様々なところで腕を磨いていました。そんな二人が出会い、創彩洋食Lu panは2022年10月にOPENしました。開業地は、オーナーがかつてよく訪れていた洋食店の跡地です。当時の思い出が残る場所で、地域の方にも同じような思い出に残る場所を提供したいという思いから開業しました。

───相談内容

OPENから約1年が経過し、初月の売上は好調でしたがその後は苦戦していました。改善策として販促活動の実施を検討しているものの、まずはチラシ配りなど一般的な方法が良いのか?それとも、SNSでの情報発信が良いのか?など、なにからはじめるべきか悩んでいました。

 

───アドバイザーの支援内容

アドバイザーが店舗へ伺う、飲食店出張店舗診をご利用されました。
お話を聴く中で、OPEN以来販促活動を行っていないことが分かり、アドバイザーは“周年祭”と謳って大掛かりなイベントを開催することを提案し、イベント開催の準備として、3点をアドバイスしました。

・メニュー写真の一新
飲食店は、おいしそう!食べたい!と思わせるメニュー写真の新鮮さ・できたて感がとても重要となり、その善し悪しによって注文するか否かが決まることを伝え、看板商品となるメニューはプロのカメラマンに撮ってもらうことを提案。

・イベント告知を折込チラシにて実施
商圏内に周年祭イベント告知とサービス内容が記載された折込チラシを撒き、店舗の認知拡大、新規顧客の集客を提案。

・顧客とのコミュニケーション方法の確立
来店されたお客様に直接情報発信を行うため、SNSのフォローキャンペーンの提案。

 

───事業者からのコメント

Instagramのフォロワーが2倍になったおかげか、「Instagramで見たこの料理を食べたくて来ました」というお客様もいらっしゃるようになりました。また、最近は土日祝を中心に多くのお客様にご来店いただいています。


■創彩洋食Lu pan(ルパン)■

千葉県松戸市松戸1117-8
シェフ 奥村泰好 氏

お箸で食べられる、旬の食材を使った身体に優しい洋食を提供。 厳選されたワインとここでしか味わえない創作料理のカップリングが楽しめる店舗

 お店の最新情報はインスタグラムへ